医療用のかつらとは

頭に被せて使う装具であるかつら。一般の用途としては薄毛になったとき、それを隠すために被ることが多いです。それ以外にも舞台や演劇の役者が役作りのため被ることもあります。ファッションとして使われていたこともあり昨今で有名な音楽家はかつらを被っているのが当たり前でした。

かつらかつらには実際の髪の毛で作られたタイプと化学繊維を用いて人工の毛で作られたタイプがあります。中には天然と人工が混ざったタイプもあり、かつらにはさまざまな種類があるのです。その種類には髪の毛だけでなくかつらにも存在し一般的とは違うかつら、それが医療用かつらと呼ばれているものになります。

医療用と名づけられていますが定義の上では医療の道具として認められていません。そのこともあり明確な定義が存在せず、一般と医療用の境界は曖昧なものになっています。しかし医療用のかつらには現在国からJIS規格が制定されているため、明確な定義こそありませんが基準は定められているのです

一般と区別されていますが、使い方自体は一般と変わらず頭に被るだけとなります。その違いは一般と違うつくりをしていることです。一言でいえば「被る人間の問題に合わせたつくりになっている」となりますが、実際に一般とは何が違いどのようなつくりになっているか、その点について見ていきましょう。

薄毛に悩むといえば男性ですが今の時代女性もさまざまな要因で薄毛の悩みに晒されています。医療用かつらにも男性用、女性用と性別による違いが分けられていますが、その性別による違いも見ていきます。